2006年09月19日

果たして、通信講座は有効か?

英会話教材に限らず、通信講座っていうのは、たくさん出ていますね。

そういう教材っていうのは良いのでしょうか?

私は、通信講座としての良さはリアルタイム性だけだと思います。

これは別に通信講座が悪いと言っている訳ではなくて、通信講座を取ろうと思っているときの判断の助けにしていただければと思います。

では、リアルタイム性とは何か?と言いますと、時事英語が取り入れられるということです。

実際にスカパーなどでCNNやBBCを見たり、英字新聞を取る以外に時事英語に触れる機会というのはあまりありません。

CD付の英語雑誌ぐらいでしょうか。

つまり、時事英語に触れられると言う点が通信講座の良さです。ただ、もちろん、この良さっていうのは、英語雑誌と同程度の良さに留まる訳ですが。続きを読む
posted by M at 17:28| Comment(41) | TrackBack(0) | 通信講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ヒアリング教材

ヒアリング力向上におすすめなのが、ベタですが、ヒアリングマラソンです。

スピードラーニングやスーパーエルマーなど、似たような教材は色々ありますが、ヒアリングマラソンが、教材の質、中身の新鮮さで一歩リードしています。

アルクの教材もすべてが良いわけではありませんが、やはり平均点は高いですし、特にヒアリングマラソンはおすすめできると思います。

他の英会話教材との比較ですが、

スピードラーニングに関しては、教材がほどんど変わらないので、内容が不満ですし、日本語を毎回繰り返すので2回目以降は時間がもったいなく感じます。

その点、スーパーエルマーの方が良いですね。スピードラーニングよりも、スーパーエルマーの方がずっと優れています。

ですから、一押しが、アルクのヒアリングマラソン、それに続いてスーパーエルマーで、スピードラーニングはおすすめしません。

以上、ヒアリングに関する英会話教材の比較でした。

posted by M at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

英会話教材 英単語学習のベスト教材はどれ?

日本には、英会話教材が本当にたくさんあります。

あふれている英会話教材の中から、良いものを選ぶのはなかなか大変です。


今回は、英単語学習について、良い教材を探してみました。

という訳で、いくつか紹介したいのですが、

まずは、アルクのボキャビル・マラソンです。

このボキャビル・マラソンは、大阪大学の竹蓋順子助教授による竹蓋メソッドというものを利用したもので、一般的な英単語学習に比べて、驚異的な語彙定着率を誇るものです。

簡単に言うと、英単語を覚えて、1週間後には3割、2週間後には1割しか、記憶に残らないと言われているんですが、これが9割に向上するというホンマカイナ?な凄い英単語学習教材なんですね。

ですが、さすが、というべきか、価格も4万円前後します。会員で、39,690円、一般で、44,100円です。


さて、価格でびびったところで、無料の英単語学習教材も紹介しましょう。

続きを読む
posted by M at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。